読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seel STAFF BLOG

カルチャー系フリーペーパーを制作しているSeel編集部のスタッフたちによるブログ。

こんにちは。
デザインの渋木です。

もう一年が終わりますね……。
この間まで暑かったと思えば、ため息をついたら白くなってしまうぐらい寒くなりました。

残り少ない2014年、後悔ないように過ごしましょう!

 


今回は僕が富士山に登ったお話です。


去年、世界遺産に登録された富士山。その富士山を一回は登っておきたいということで友達に誘われて参加しました。
だけど、登頂の前日までその友達から連絡無かったので「企画倒れか〜」と思っていました。すると「登るに決まってんだろ!」と電話がきて前日の夜から準備して登ることになりました。

この完全に舐め腐った計画性があとあと富士の怒りをかうことに……。

 

富士山の入り口は4箇所あり、それぞれ難易度が違います。今回は須走口という所から登りました。(一番初心者向けのルートがいい!という方は、吉田口から登るルートをオススメします。)

バスで5合目まで行き、そこから10合目を目指します。

 

(6合目あたりはまだ自然が豊かです。)

 

 

6〜7合目まではスムーズに進んでいたのですが、7〜8合目にかけて酸素が急激に薄くなるので本当にツラい!!!!!

女性の方が出産の時、「ヒー、ヒー、フー」って呼吸法しますよね?
それと全く同じ呼吸しながら一歩一歩登っていました…笑

途中ではあまりにも辛すぎたので、友達の一人が持ってきていた酸素缶の争奪戦が勃発しました。みんな死に物狂いで酸素缶の酸素を吸っていました。

 

やっとの思いで8合目の山小屋に午後6時頃到着。

翌日の午前2時頃まで寝て頂上を目指します。

 

 

 

 

(8合目は完全に雲の上です。)

 

山頂までの途中、酸素が薄いため友人の一人が高山病にかかるなどのトラブルもありましたが、なんとか頂上に到着!!!

 

山頂で日の出を待つわけですが、9月に登ったので山頂は余裕で氷点下!!

 

完全に富士をナメていたので甘ったれた装備しか持ってきていなかった僕は、本当に失神寸前の極寒の中で太陽様を待ち続けました。

 




 

 

そしてついにその時が!!!!!!

 

 

 

本当に感動して涙が出そうになりました。

なんか心が浄化された感じがしたんですよ。

良い人間として生きようと誓いました……。

 

 

 




こんな感じです!

準備不足やら高山病やらアクシデントは沢山ありましたが、とても良い経験が出来ました。

みなさんも一生に一度、登ってみてはいかがでしょう?