読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seel STAFF BLOG

カルチャー系フリーペーパーを制作しているSeel編集部のスタッフたちによるブログ。

連日ぽかぽか陽気で、嬉しいことこの上ないですね。

こんにちは、2年デザインの宮本です。

このブログでは、部員が自分の好きなものを紹介していますよね。

しかし今回はあえて私の「嫌いなもの」を紹介したいと思います。

 

それがこちら、『ドクロゲキ』です。

『ドクロゲキ』とは2012年にフジテレビにて、ド深夜に放送されたオムニバス形式のショートサスペンスドラマ。

内容は、人間の狂気や不条理さなど、現実味を帯びた恐怖をあつかっています。(Wikipediaより)

このドラマ、全ての話に一貫してとにかく「後味が悪い」!!!

主人公の救われなさや、いたたまれなさ、どうしようもないモヤモヤとした気持ちを味わい、はい終了。ハッピーエンドなどありません。

私が見た中で印象的だったのは「林さん」の回。

盲目の主人公の林さんは、愛する彼女と結婚し、子供を授かります。

そんな幸せの絶頂な主人公の過去を逆時系列で振り返っていく、というストーリーです。

もうちょっと詳しくお話すると……。

主人公はとある事件で盲目となり、全てを失ってしまいます。何もかもが上手くいかず崖っぷち。その様は見ていられないほど痛々しい…。

しかしそこで今の彼女と出会い、生活が色づき始めるんです!

彼女は献身的で謙虚で、自分の障害を理解し支えてくれます。

視力を失い何も良いことがなかった主人公ですが、彼女の存在で幸せを手にすることができたんですね~。すてき。

ここまではめっちゃハートウォーミングなストーリーですが、オチが何とも言えない。

私は一人でリアルタイムで見ていたのですが、思わず「えっ」って言いましたね。

なに食わぬ様子で番組が終わって、テレビに空き缶でもぶつけてやろうか、という感じでした。

 

そんなに嫌なら見なきゃ良いのに、と自分でも思います。

でも、怖いもの見たさで見ちゃうんですから不思議ですね。

皆さんも、何とも言えない後味の悪さを感じたいときにご覧ください。

 

さてさて、早くもvol.23の制作が始まりました。

Seelは後味の良い雑誌を作っていきますので、ぜひぜひお楽しみに。

来週は営業の村山さんです(^O^)