読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seel STAFF BLOG

カルチャー系フリーペーパーを制作しているSeel編集部のスタッフたちによるブログ。

こんばんはこんばんは3年デザインの星野です。

2年ちょいとやってきたSeelもあとちょいで引退です!

もうここまでくると早く引退したくて仕方ないですね!!!

これから訪れるであろう暇な日々バンザイ。

3年生の引退号ともなるSeel Vol.23、期待していてくださいね^^

 

最後のブログ、何書こうかちょろっと悩んだのですが、マァ私らしくいこうとマンガについて書こうと思います。

でも、単なる漫画ではなく「WEBマンガ」について。

いまやたくさんWeb上で読めるマンガがあって、もうどれがおもしろいのかわからんですよね。

http://ch.nicovideo.jp/tsugiman/blomaga/ar689117

「第一回 次にくるマンガ大賞2014 本にしてほしいWebマンガ部門

4位と7位以下の作品以外は読んだことがあるのですが、おもしろいです。Webマンガお初の方はこのあたり攻めるとよいのではないでしょうか。(ただ、5位の作品は「画力!!!泣」って感じで心の底からオススメはしません。)

で、ここからは私の独断と偏見で選んだおすすめWebマンガをつらつらと書いていきます。

デカダン!〜デザイン科男子の受難〜 / 高嶋育

掲載サイト:くらげバンチ http://kurage-bunch.com/manga/dekadan/

あらすじ(引用):高校のデザイン科に入学した彼らを待ち受けていたのはクラスの男女比5:35の超女子社会だった!!個性派女子たちに圧倒されながらも、妙な結束力を育んでいくマイノリティ男子たちのギャグライフ開幕!!

あらすじに書いてある「個性派女子たち」の描写はほとんどありません。ほぼモブです。メインはデザイン科に所属している5人の男子高校生のあれやこれやの日常。見た目も性格もばらばらな5人の、噛み合わないけどなぜか仲良しな様が心を豊かにしてくれます……(なんだそりゃ)

4コマギャグマンガなのですんごい読みやすいです。

 

トモちゃんは女の子! / 柳田史太

掲載サイト:ツイ4 http://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/

あらすじ(引用):ボーイッシュな女子高生・相沢智(トモちゃん)は、幼なじみの久保田淳一郎に想いを寄せるが、どうしても「女」であることが伝わらない……。好きな男(ひと)に「女の子」として見られたい!

(キルラキルの流子ちゃんみたいな女の子が好きな方、必見です。)

とにかくトモちゃんの想いが伝わらない!そしてトモちゃん自身も鈍感だからなにも成立しない!もどかしいのがいいですね!そして二人を囲むお友達もいいキャラしています。

こちらも4コママンガ。毎日更新してくれて、さらにツイッターと連携しているとっても新しい掲載サイトです。(最近炎上した)

 

徒然チルドレン / 若林稔弥

HP: http://tsuredurechildren.com/

あらすじはありません!こんな感じでたくさんの登場人物それぞれのお話を載せていますね…。

もうね、読んでほしい。読めばわかる。とにかくおもしろい。ほんとに。個人的オススメは「ガールフレンド」「パトリシア」ですかね〜〜〜ほんと寿司!!

こちらもはや純粋なWebマンガと呼べるかわからないです!なんてったって週間少年マガジンに連載されてますからね!(ご存知の方も多いと思います。)もちろん単行本化されています、買ってますわああああ!

 

以上オススメ3作品でした!

ちなみにどの作品も高校生活が舞台です、登場人物みんなキラキラしとるつらい……。

今回紹介した中では『徒然チルドレン』のみが現在単行本化されていますが(デカダン!も7/9に出るみたいです)もう本屋さんへ行ったらそこかしこにWeb発のマンガが置いてあり「あ、あの新刊読んだことある……。」なんてことだらけです。(ちょっと盛りました)

けれど一度読んだことある作品も、やっぱり紙の本としてほしくなってしまうんですよねーーー。

やはり理由としてはWeb未掲載の話が載っているかもしれないから!という気持ちが大きいのですが、液晶画面を通してではなく紙の上でマンガが読みたい、とも思うのです。なんで紙なん!?と深追いされると困るのですが、まあとにかくページめくりたいのですよ。はい。

読んでる作品が全部単行本化すればいいなぁ、なんて密かにおもっております。

 

話は最初に戻りますが、Seelも紙媒体のメディアとして絶賛頑張っております。

印刷されたからこそわかる写真の風合いだとか、楽しんでいたければ幸いです。

ではでは長くなりましたがここまで読んでくださりありがとうございました。

SeelVol.23、お楽しみに〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜