読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seel STAFF BLOG

カルチャー系フリーペーパーを制作しているSeel編集部のスタッフたちによるブログ。

百円の映画

はじめまして。こんにちは。
営業1年の下舘です。

1年生トップバッターということで緊張していますが、よろしくお願いします。

とうとう8月も終わってしまいましたね。
8月が終わっても夏休みはまだ続くという大学生の特権を今初めて味わっています。よいものですね。

 

さて、今回は私が観た映画のお話をしようと思います。

 

f:id:seel-magazine:20160902215816j:plain

こちら、『百円の恋』です。
主演の安藤サクラさんが日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を取ったことで有名なので、知っている方も多いと思います。

内容は、32歳になってもパッとせず、自堕落な生活を送っていた主人公・一子が近所のジムにいるボクサー・狩野に恋をし、ボクシングに出会ったことで自分を変えていく、というものです。


ずっと観たくてもなかなか観ることができず、この間やっと観ました。
良かったです。とても良かった。

やはり安藤サクラさんの演技がすごい。

はじめは自堕落な生活を送っているので体型もだらしなく、表情も暗くて世間を恨んでいるような目をしているのですが、後半ボクシングに打ち込むことで変わっていきます。体型も締まり、目が生き生きしてきます。

ぽっちゃり体型から見事にボクサーのような引き締まった身体に変わっていくのですが、なんとたった10日間で身体を変えたそうで、安藤サクラさんは本気で死ぬんじゃないかと思ったこともあったらしいです。すごい、すごすぎる。女優魂ですね。

 

f:id:seel-magazine:20160902215845j:plain


ジムや公園、バイト先でもシャドウボクシングをしている一子は本当にカッコいい。一子が変わっていく過程として描かれていて、人間の本気を感じます。

ですが個人的な見どころは、一子と妹・二三子の姉妹喧嘩シーンです。
女同士の本気の喧嘩は迫力があり、一子が変わるきっかけともなる出来事なのでぜひ注目していただきたいなと思います。

 

主題歌であるクリープハイプの『百八円の恋』も映画と合っていて、耳から離れなくなります。

この曲のMVの冒頭には、歌詞に合わせて映画のラストシーンも少し出ているので映画を見た後にMV見ることをお勧めします。

 

映画『百円の恋』はレンタルビデオ店に行くと本当に百円で借りられるので、ぜひ観てみてください!

 

まだまだ暑いので、暑さに負けず過ごしていきましょう。
それでは、またの機会に。