読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seel STAFF BLOG

カルチャー系フリーペーパーを制作しているSeel編集部のスタッフたちによるブログ。

雑司が谷妄想探訪記

こんにちは。デザイン一年の中村です。

身の回りで体調を崩す方が続出しています。立春からはもう一ヶ月経ちましたがまだまだ油断は禁物ですね。

さて今回は自分が今最も好きな街を紹介します。その名も雑司が谷。街の真ん中を都電荒川線が走り、住んでいる方々の心は暖かく、目白区の文教地区に位置する、閑静でお洒落な雰囲気の住宅街です。たぶん。
実を言うと、自分はまだ雑司が谷に行ったことありません。
明日には行ってみようと思っているので「雑司が谷行ってみた!こんな街だった!めっちゃよかった!」みたいな文章を書きたかったのですが、現在締め切りを大幅にオーバーしている状態なのでちょっと厳しいです。なので妄想で雑司が谷の探訪記を書こうと思います。


と思ったのですがちょっと無理がある題材かなーと思ったので、今回は自分が最も好きな漫画を紹介します。その名も

f:id:seel-magazine:20170305114403j:plain


「Pandemonium-魔術師の村-」です。こっちはちゃんと読んでいます。ちゃんと読んでいるどころか、自分のありとあらゆる創作の原点になっています。

物語は主人公が棺桶を引き摺り、「魔術師の村」へと向かっている場面から始まります。

f:id:seel-magazine:20170305114413j:plain


棺桶の中身は、恋人の遺体です。
彼は「魔術師の村」に伝わると言われる秘術によって恋人を生き還らせることが出来るかもしれない、という希望を抱いて息も絶え絶えに歩を進めています。
魔術師の村とは何か。異形の見た目を持ち、差別され、時には粛清の対象ともなる人々の共同体です。作中では怪しげな魔術を使うと恐れられていますが……ネタバレになってしまうので多くは語りません。

f:id:seel-magazine:20170305114421j:plain


正直、底抜けに明るい話ではないです。ですが本当に凄い作品です。恋人の運命は?「外敵」と被差別階層との間の絆は?魔術の正体は?村の平和は?ページをめくる手が止まりません。全2巻という短い物語の中に友情、愛、部落差別、レイシストetcありとあらゆる要素が詰め込まれています。社会問題を動物の姿に仮託して表現するという点は「ズートピア」を2年以上先取りしていたともとれます。

f:id:seel-magazine:20170305114430j:plain


前述した通り全2巻とお財布にも優しいので是非手に取ってみたください。ただ相当マイナーな作品なので書店を探しまわるよりAmazonで購入する方が賢明だと思います。そして、結末を自分の目で見届けてみてください。きっと今まで読んできた漫画の中でトップ20には入ると思います(謙遜ポイント)。
それでは!

f:id:seel-magazine:20170305114443j:plain


ようやく全文書き終えたので、明日は妄想を現実にしてきます。