Seel STAFF BLOG

カルチャー系フリーペーパーを制作しているSeel編集部のスタッフたちによるブログ。

ペーパーメディア in Korea

こんにちは。2年広報の中嶋です。9月も半ばということですが、大学生である私たちはあと5日ほど夏休みです。まさに大学生が「人生の夏休み」と喩えられる所以ですね。

 

さて私の夏休みというと、8月中は学校の研修で韓国・ソウルにいました。

韓国でも日本のカルチャーは浸透してます。

例えば漫画。『名探偵コナン』や『ワンピース』、『ドラえもん』といった定番どころはもちろん、『となりの関くん』などのギャグ漫画、日本でも最近読者の多い『弱虫ペダル』や『黒子のバスケ』など種類も豊富。さらに日本で発刊後、比較的すぐに翻訳されて韓国でも読まれているそう。

f:id:seel-magazine:20170914215224p:plain

タイトルはだいたい日本語の原題をハングル表記にしてるものが多いようでした。ただ言葉の都合で若干ちがうものも。 

例えば、『ドラえもん』も도(ト)라(ラ)에(エ)몽(モン)、そう「トラエモン」ですね。韓国語だと文頭でタ行の濁音が表現できないのでこうなっているようです。ただ、タイトルの可愛らしさはそのまま、むしろ個人的にはハングル表記の方が好きです。

また「じっちゃんの名にかけて!」のセリフで有名な『金田一少年の事件簿』。

 

f:id:seel-magazine:20170914215248p:plain

タイトルの黄色い字のところは「소년탐정=少年探偵」とそのままなのですが、彼の名前が김(キム)전(ジョ)일(ニル)、「キムジョニル」です。金田一をハングル読みするとこんな読み方になります。あとから知ったのですが、こちらは日本でもネット上でちょっと話題になったタイトルらしいですね。

本屋さんの日本の漫画コーナーにはたくさんの人が。中には、日本では見かけないおまけ付きの単行本もあってお土産として購入している友達もいました。日本語のと読み比べたりしたら面白そう。

 

紙媒体つながりですが、韓国にもフリーマガジンがありました。それがこの『Oh Boy!』。f:id:seel-magazine:20170914215305p:plain

環境保全・動物保護がメインメッセージとしてあるらしいですが、扱うテーマはさまざま。有名なフォトグラファーさんが編集長で芸能人が登場することもあるそう。本誌はフルカラーでかなりの厚さ。専用のストアがあり、バックナンバーは400円程度で販売してました。日本にもなんどかポップアップストアがオープンしているそうなので、また来るかも。興味がある方はぜひ。

https://www.instagram.com/ohboyjapan/

ということで、今回は韓国で見つけたコミック&マガジンカルチャーを取り上げていきました。ぜひ、韓国に行く際は注目してみてくださいネ。

 

気づいたら2017年下半期ももう少しで半分。最後に、個人的に最近お気に入りのVOGUEのサイトに載っているしいたけ占いの2017年下半期ver

( https://voguegirl.jp/horoscope/shitake2017-h2/ )を紹介します。特に説明はしませんが、結構内容が面白いと思うのでぜひ見てみてください。それでは。

 

みどりとあか

こんにちは。デザインの津久井です。

9月に入って大学生の夏休みもすぐそこに終わりが見えてきました。

あっという間かと聞かれればあっという間だし、あっという間じゃないと言われればそんな気もする。そんな感じの夏休みだったという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな9月のお散歩についてお話ししたいと思います。

あともう少し時間が経てば紅葉の秋が来て、公園をのんびりお散歩してみたり、写真を撮るのが好きな人はあかい紅葉の葉っぱを求めてお出かけしてみたりと、公園びよりになりますよね。

わたしも早く紅葉の葉っぱがしげる公園をお散歩したいなあ、と思っているのですが いまの時期の公園もとっても素敵だということをご存知ですか?

わたしが最近行った小石川後楽園では、緑の生い茂る中に秋がやってこようとしていて、夏とも秋とも違った緑と赤の景色がありました。そんな公園で写真を撮れば、f:id:seel-magazine:20170909010619j:plain

こんな感じに!

同じ木に夏と秋が混ざり合っていて、夏にも秋にもみることができない、9月という狭間の季節だからこそみれる風景が。

また、こんな風にf:id:seel-magazine:20170909010657j:plain

池にはカモが家族で仲良く泳いでいるかと思えば、f:id:seel-magazine:20170909010727j:plain

すっぽん。

すっぽんって普通の公園にいるんですね‥!びっくりしました。

みなさんもぜひ9月の公園で一息ついてみてはいかがでしょうか。きっと秋が見つかりますよ。

では。

島と星座とガラパゴス

みなさん、こんにちは。
広報2年の関です。

大学生の夏休みも後半に入ってしまいました。認めたくないです。

そこで今回は
まだまだ遊び足りない、夏の最高の思い出が欲しい、そんなアナタに
ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス」を紹介します。

 

f:id:seel-magazine:20170902212419j:plain

ヨコハマトリエンナーレは、3年に1度横浜で開催される現代アートの国際展です。
横浜美術館横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館(地下)の三箇所で行われていて、とても見ごたえのあるアート展です。

しかもこのアート展、1枚のチケット(学生は1200円)で3箇所を回ることができるお金のない学生に優しいアート展なのです…!

お金がなくても現代アートに触れ、考える場があることは素敵なことではないでしょうか。

さらに、一度チケットを買えば、それぞれの会場に行くのは同日ではなく会期中であれば別日でも良いのです。

同じ会場に何度も入ることはできませんが、3箇所を別日に回ってもいいというのは体力面にとても優しい…


実は私自身まだ赤レンガ倉庫の会場にしか行っていないので、
今回は、私が訪れた赤レンガ倉庫の会場について紹介したいと思います。

赤レンガ倉庫の会場はとにかくユーモアたっぷりでした!

f:id:seel-magazine:20170902212455j:plain

こちらは公式ホームページでも見所として紹介されている、
クリスチャン・ヤンコフスキーの「重量級の歴史」というもの。
会場ではレスラーたちが銅像を持ち上げる様子が動画で見られます。
このレスラーたちは写真の銅像以外にも様々なものを持ち上げていました…

この他にもテレビやドライヤーなどの生活の中にあるものだけを使った音楽や、
油絵のみで描いた作者のおばあちゃんの家など、
普通の美術館ではあまり見られないようなものが多く展示してあります。


会場全体の内容量や一つ一つの作品に圧倒されました!

3年に一度なのでこの機会にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

早く起きた朝には

どうも。
二年の鈴木です。
八月も後半戦に突入しました。
夏休み、みなさんどのようにお過ごしでしょうか。
海やBBQ、お祭りなど夏の風物詩を堪能するのも贅沢ですね。
一限に間に合わない!!と焦ることなく
たっぷりの睡眠時間を確保できるのもまた贅沢ですね。

しかし、ここでお伝えしたいことがあります。
夜はとても暑くて寝苦しいかもしれませんが、
朝方は気持ちの良い風が吹き非常に快適なのです。

朝、早く起きると一日が長く感じられ、充実した気分になれます。

そこで、みなさんの朝のお供に紹介したいものがあります。

それは「朝ドラ」です。

現在放送しているのは、有村架純さんがヒロインを務める『ひよっこ』です。

f:id:seel-magazine:20170827012333p:plain


1964年、出稼ぎに行ったまま行方不明になった父を探しに有村架純さん演じる谷田部みね子は上京し働き始めます。大都会東京でくじけそうになりながらも個性的な常連客や商店街の人々、友人や仲間たちとの泣き笑いの日々の中で、みね子はさまざまな出会いと別れを経験しながら試練を乗り越え、見知らぬ町だった東京にしっかりと根を張っていく、という物語です。

上京したての不安げなみね子から、様々なことを経験し一気にたくましくなる様子を感じることができます。
私のお気に入りポイントは、みね子の職場「すずふり亭」と、その寮「あかね荘」に住む仲間との掛け合いです。楽しいことを分かち合い、時に励まし合いながら切磋琢磨していく姿がとてもうらやましいです。
毎日いろんなことが起こる中で、このような穏やかな居場所があるというのはまさに理想ですよね。

f:id:seel-magazine:20170827012439p:plain

 

お気に入りポイント②は、かわいらしいファッションです。昭和レトロでポップで、今でも真似できそうなスタイルです。環境や心境の変化で変わるファッションも見どころです。

f:id:seel-magazine:20170827012611p:plain


また、有村架純さんをはじめとするキャスト陣も豪華です。
佐々木蔵之介さんや菅野美穂さん、島崎遥香さんなど…
竹内涼真さん演じる島谷さんとみね子の恋を応援していたのですが、実家から縁談話を持ち掛けられ別れてしまいました。
かわいかったのになぁ…

f:id:seel-magazine:20170827012644p:plain

 

現在多方面で活躍中のキャストのみなさんですが、朝ドラブレイクと言われるように朝ドラに出演することは俳優にとっては登竜門だそうです。確かに、前回『べっぴんさん』でヒロインを演じた芳根京子さんや、『とと姉ちゃん』の高畑充希さんなど、今や映画やドラマに引っ張りだこと言えます。男性俳優では『あまちゃん福士蒼汰さん、『梅ちゃん先生松坂桃李さんなど、出演をきっかけにブレイクし、映像の世界には欠かせない存在です。


物語の内容も、キャストにも注目ですね。
ひよっこ』に続く2017年後期は、『わろてんか』。葵わかなさんがヒロインを務めます。

ぜひ、
早起きして、朝ドラが提供するハッピーを吸収しましょう!

 

【読んでみて】吉祥寺だけが住みたい街ですか?

 
2回生になってから初めてのブログになります。
 
営業の杉本です。
 
SeelもVol.29が発刊して1ヶ月半近くが経つのですが、多くの人に手に取っていただいて本当に作った甲斐があるというか。
 
やっぱ反応が無かったりすると、僕たち作り手側のモチベーションも下がってしまいがちなので、感想だったり批判だったりいろいろ送ってみてください。
 

今回のブログの本題へと入りたい。
 
Vol.29で特集したのが『街』ということで、それにちなんだ漫画をご紹介したいと思います。
 
ご紹介する漫画は『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』です。
 
 

f:id:seel-magazine:20170817143037j:plain

 
昨年の10月からテレビ東京系列でドラマをやっていたので、もしかしたら聞いた事があるかもしれませんね。(主演の安藤ナツと大島美幸の迫力がすごかった。)
 

f:id:seel-magazine:20170817143120j:plain

 
この漫画の大まかなストーリー展開としては、吉祥寺で不動産屋を営んでいる重田姉妹が吉祥寺に住みたい相談者に対して、あえてその人に合った街を紹介するというもの。
 
僕自身はこの作品と制作期間中に出会ったのですが、今号の内容と非常に親和性が高い内容だなと感じました。
 
吉祥寺というと、新宿まで中央線・総武線で一本だし、カフェがいっぱいあって、名前だけ聞いてもなんだかオシャレな街なんだろうなって抱きませんか?
たぶんそう思ってる人がいっぱいいるからこそ住みたい街ランキングで1位を獲得するのだと思います。
 
そういう先入観を持った人たちに対して、姉妹は東京中のあらゆる場所を提案していく。
 
この作品のタイトルにもなっている『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』という、重田姉妹が振りかざす快刀が乱麻を断つかのようなその提案が、この作品を面白くしている要因の一つだと思います。
 
僕たちって結局一つの側面からしか物事を見ていないことが多いと思うんです。
 
それは街に対しても人に対しても。
 
その側面だけで判断するんじゃなくて、もっと別の側面まで目を向けてあげようよ。っていうのが今回僕らの提案したかったことでもあり、この作品でも伝えたいメッセージなのかなって考えてみたりしました。
 
もしVol.29『街』を読んで街の新たな一面を知りたいと思った方はぜひ読んで、
「街ブラ」してみてください。
 
では、失敬。
 

見て聴く

こんにちは。営業2年の下館です。

 

暑いですね。もう8月も半ばですが、私はまったく暑さに慣れることができません。

以前寒いのも苦手だと書きましたが暑いのもとても苦手です。

 

Seelではとうとう9代目の先輩方が引退し、10代目が始動しました。

上の人がいなくなってしまい不安もありますが、なんとか1、2年生で頑張っていこうと思います。

9代目の先輩みなさんで答えていた、「サークル選びに正解はあるのか」は、人によって回答がさまざまでおもしろかったですね。人によって考え方が違うのは当たり前のことですが、私はとくに一緒にサークル活動していた身なので一人一人の実体験もあったりして読んでいて楽しめました。

 

さて、話は変わりますが、今回は私が好きなMVを紹介したいと思います。

 

長期休みは何かと時間が余りますよね。そんなときにYoutubeで音楽を延々と聴いてしまう人も多いのではないでしょうか。私もその一人です。

今回は、そんなYoutubeで見ることのできる、音楽だけではなく、映像の視点から楽しめるMVを紹介します。

 

まず一つめは、柴田聡子さんの『後悔』です。

 


柴田聡子「後悔」(Official Video )

 

ずっと顔です。ずーっと顔です。

私は柴田聡子さんを最近聴き始めたのですが、違うMVでとびきり可愛いわけではないけれど惹きつけられる顔をしているなあと思っていたので、このMVはその顔を堪能できるのでとても気に入っています。顔だけですが、飽きずに見ていられるのが不思議です。

ちなみにtofubeatsさんが『関ジャム』で紹介していたらしく、勝手にうれしく思っていました。

 

二つめは、シャムキャッツの『本当の人』です。

 


シャムキャッツ - 本当の人

 

こちらは見ていて楽しいだけのMVです。なにかが漂う映像をずっと見てられることってありませんか?それです。

しかも後半にかけて映像が激しくなってきて、ゆったりした曲調と合わなくなっていきますが、それがまた見ていて爽快なので好きです。

 

シャムキャッツのボーカル夏目さんが出演している、ENJOY MUSIC CLUBの『夏の魔法』もちょっと驚く始まり方をするMVでおすすめです。

 

三つめは、aikoの『プラマイ』です。

 


aiko-『プラマイ』music video

 

このMVは完全にストーリー仕立てになっていてわかりやすい内容なのですが、ストーカーと化した女の子の狂気を感じるシーンが所々にあります。ただ、女の子も可愛いし、最後には安心できるので見てほしいです。元々aiko好きですが、このMVはとくに好きです。

 

最後は、charaの『Tiny Dancer』です。

 


Chara 『Tiny Dancer』Music Video

 

これはもうとにかく満島ひかりさんが可愛い。めちゃめちゃ可愛いです。

私は以前のブログでも『トットてれび』を紹介したくらい満島ひかりさんが好きなので、このMVは本当に好きです。曲名通り、自由に踊ったり跳ねたりする満島さんの動きとcharaさんの歌声が合わさっていて世界観が完成されています。

 

まだまだ紹介したいMVはたくさんあるのですが、そろそろ終わりにしたいと思います。

 

音楽はそこまで詳しくありませんが、Youtubeで新しい人をどんどん知っていくのは楽しいので好きです。

ドラマ仕立てや演奏映像、アニメなど、アーティストによって個性が出るものですし、名作と呼ばれるものも多いので、MVは重要なものですね。

もっと良いものに出会いたいものです。

 

皆さんもお暇なときは曲を聴くだけではなく、MVを巡ってみるのはいかがでしょうか。

 

では、暑い日はまだ続きますが、みなさん夏バテには気を付けてください。

また次の機会に。 

 

 

 

 

Vol.29『街』インタビューレポート

 Seel Vol.29『街』Con.1「いつもの街を別視点から-「東京別視点ガイド」編集長に聞く-」では、東京別視点ガイドの創設者・松澤茂信さんにインタビューを敢行しました。

www.another-tokyo.com

 インタビューは人形町にある観光会社「別視点」のオフィスで行われました。松澤さんは東京別視点ガイドの運営の他に、別視点ツアーという観光ツアーを催すために会社を設立されました。

 オフィスは大通りを一つ入った閑静な場所にあります。軒先に「別視点」と書かれたのぼりが置いてある3階建ての建物です。

 インタビューの前に一度オフィスの中を案内していただきました。玄関を入ると、まずプレハブでできた代表取締役室があります。

f:id:seel-magazine:20170715203927j:plain

 入り口は非常に狭く、大の大人だったら一度体を横にしないと入ることができません。高いセキュリティを誇る部屋の中は松澤さんの生活スペースとして機能しており、横になれるかなれないかぐらいの面積だそうです。また、防寒機能に優れておらず非常に冷え込むため、冬は利用していなかったそうです。写真には写っていませんが、ちゃんと表札も貼ってありました。

 

 2階は松澤さんが珍スポットから集めた物品であふれていました。

f:id:seel-magazine:20170715204000j:plain

 棚の上で這っている大量の赤ちゃんは中国の怪しいおもちゃだそうです。実際にスイッチを押して起動してくださいました。

 中国4000年の歴史が生み出した狂気のおもちゃでした。別視点のオフィス2階で買うこともできるそうです。また、ツイートにもある通り、別視点ストア(https://betsushiten.stores.jp/?page=1)というネットストアで購入可能です。別視点ストアには他にも魅力的な商品がたくさんありますので、チェックしてみてくださいね。

 

 3階はサロンとなっており、別視点開催のイベントなども開かれるそうです。2階同様どこで売っているのかわからない謎に満ちた物品がたくさん展示してあります。インタビューはサロンスペースでさせていただきました。

f:id:seel-magazine:20170715204320j:plain

 インタビューでは松澤さんの珍スポットへの思いやきっかけ、やってみたいこと、今までやってきたこと、サウナの効用など面白い話が本当にたくさん聞けました。インタビューの終わりには、学生に向けて熱いメッセージをくださいました!3ページにわたる盛りだくさんなインタビュー記事となっておりますで、ぜひお読みください。

 Seel Vol.29は現在池袋・新座キャンパスの両方で昼休みに配布中です!お邪魔とは思いますが、ぜひお受け取りください。都内のカフェにも設置予定です。学外の方は送付も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

発送はこちらから▷http://seel-magazine.wixsite.com/seel-magazine/seel-sending

 

 ちなみに松澤さんは体を追い込むのがお好きらしく、日本橋から富士山の山頂まで歩くという挑戦をすると仰っていました。なんと本当に挑戦したらしく記事(http://www.another-tokyo.com/archives/50552666.html)になっていましたので、ぜひお読みください。

 

それでは、よろしくお願いいたします!