読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seel STAFF BLOG

カルチャー系フリーペーパーを制作しているSeel編集部のスタッフたちによるブログ。

散歩をしよう

こんにちはー

4月から2年生になってしまいました、デザインの山下です。

 

すっかり春の雰囲気でバチボコ心地がいいですが、この先に待っている“夏”という天敵に立ち向かう術が見つからず、頭を抱えています。

正直な話、四季なんていらないですよね。

四季があることで、逆に人間のストレスは溜まりやすくなっていると思うんです。ストレスは溜めないほうがいいですからね。

僕はずっと春がいいです、本当に。

 

さて、今回は僕の最近のマイブーム「散歩」について書きたいと思います。

 

 f:id:seel-magazine:20160416221123j:plain

 

先ほども言ったとおり、過ごしやすい季節・春の今は散歩をするベストな時期というわけです。

 

きっとみなさんは、なぜ今「散歩」がマイブームなのかという疑問をお持ちだと思います。

というのも、僕は最近引越しをしたのであまり引っ越してきた街を知らない状態……。

昔は犬の散歩とかに憧れを抱いていたのですが、家で動物を飼っていなかったり、元も子もない話ですが自分が大人になっていくにつれて動物嫌いであることが分かったりと、とにかく「散歩」と僕には縁がなかったのです。

そこでせっかく引っ越してきたのに、街を知らなすぎるのもよくないと思い、散歩をはじめてみました。

 

最初は流行りの星野源のアルバム『YELLOW DANCER』

 

f:id:seel-magazine:20160416221314j:plain

 

を聴きながら、家から駅までの道を特に下調べもせずに歩いてみたり、適当な方向へ歩いて見つけた変な自販機で飲み物を買ったりしていたのですが、

 

 

 「いや、音楽邪魔だな」

 

 

と思い、気づいたらイヤホンをその場で引きちぎっていました。

まあ、嘘ですけどね。そんな力も勇気もありません。

 

いや星野源さんの歌は言うまでもなく素晴らしいです。

でも散歩しているときぐらいは、普段イヤホンで遮断しちゃっている世界の音にどっぷり浸ってもいいのではないかと思ったんです。

車の走る音や下校中の小学生がはしゃぐ声が耳に入ってきて少しだけ心地がいいです。基本的な感情としては“うるさいな”が85%を占めますけど。

 

散歩をすると、意外といろいろなことがはかどります。

アイディアや考えごとは根詰めて考えると逆に答えはでてこないので、散歩しながらふと考えてみれば思いつくかもしれません。

 

散歩というとおじいさんやおばあさんのイメージが強いですが、目的も何もない状態で気分転換や健康のためになる素晴らしい行為であるということをみなさんには分かってもらいたいです。

 

それでは、今回はこの辺で終わりたいと思います。

始まったばかりですが、一年生もそうでない方も大学生活頑張ってくださいね。

僕も精一杯生きようと思います。